父親節

今天是日本的父親節
各位桃太郎的媳婦們有沒有聊表心意啊?!

父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。6月第3日曜日。

1910年にアメリカ・ワシントン州のJ.B.ドット夫人が、彼女を男手一つで自分をそだててくれた父を覚えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月6月に父の日礼拝をしてもらったことが切っ掛けと言われている。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%B6%E3%81%AE%E6%97%A5





在日本不如母親節般的受重視
更不用說像台灣一樣為了過父親節而返鄉重聚
就拿我老公家來說好了...
我嫁進來之前,這個家裡的人們的生日啊節日幾乎都不過的
就因為我一開始不知情,想要討好他家人,
拜拜碼頭,才開始的行動

原本我也喜歡給人家surprise
所以倒不算負擔
但是後來仔細算算
對方父母與我家父母的生日與父親節母親節算下來
幾乎一整年每個月都有surprise
負擔蠻重,有點划不來......(這是心底話)
但又不能只顧自己的父母
只好硬著頭皮繼續做下去
不過看到公婆因此而高興
似乎那一點私心也無影無蹤
喜歡イベント的人⇒就像我
最好的回報無異是當主角露出驚訝或滿足的表情
那就值得了!!

今天為了慶祝父親節
老公決定要帶公婆去吃2星期前的那家法國料理
因為他覺得公婆是吃慣了好東西的人
不能隨便找家店來充數
不過也好
不然找地方的責任又得落到我身上......

f0101100_21515096.jpg
因為中午吃的晚
還不是很餓,所以沒有選上次的コース
今天的MENU如下!!
オードブル二種盛り
f0101100_1545233.jpg



牛ヒレステーキ赤ワインソース
f0101100_21195478.jpg
這次也請師傅幫我們寫上了父親節快樂的メッセージ
f0101100_1647638.jpg

















用完餐後
師傅還特別出來跟我們致意
當然囉
短短半個月來吃了兩次
不記住才怪!!呵呵!!

不過這家店的料理真的好吃
因為標榜著可以輕鬆享受法國料理
所以也不用過分擔心穿著或禮儀
也沒有過度的排場
座位全部只能坐滿16人
人少安靜
而能專心享受料理的美味

我跟老公計畫著
下次什麼時候來!!哈哈

3,500円コース ・:*:゜'・☆☆・
━━━━━━━━━
■ オードブル
下記からお選びください。
 ● 三色パプリカのテリーヌ
 ● マグロのスモークマリネ
 ● 生ハム
■ メイン 
下記からお選びください。
 ●タチウオのメダイオンバンブランソース
 ●牛ヒレステーキ赤ワインソース
■ デザート
 下記からお選びください。
 ● カラメル・クリームケーキ
 ● オレンジのムースケーキ
■ 自家製パン 
■ コーヒー or 紅茶

ビストロサスヴィール
BISTRO
S’ASSOUVIR
048-226-1013
ランチ  11:30~14:30(L.O.13:30)
ディナー 17:30~22:00(L.O.21:00)

現烤的麵包,佐餐非常可口!!
f0101100_21581066.jpg

[PR]

by madamyang2006 | 2006-06-18 17:00 | MYの独り言